英会話でバイリンガルに育ててグローバル社会でもデキる子に

英語

ライティングもスピークも

学ぶ

英語学習には英会話のリスニング能力や発音、それ以外にもライティングの能力が必要になります。今後の仕事での英語利用や、英語のテスト、試験でも効果を発揮させるには読み書きもできないといけません。また、英語のライティングは英会話の能力においても底上げをしてくれますので、ボキャブラリーを増やすためにもライティングと英会話の勉強は同時進行の方がいいでしょう。英会話において、単語を知らないとボキャブラリー貧困になってしまいます。話す分にはなんとか通じていても、書くとなるとまた話は別です。そのため、英会話教室でもライティングと平行して教えているところも多くあります。英語の単語を多く知っているとそれだけ多くの話をすることができます。英語塾ではテストや高校・大学試験、英語での手紙のやり取りなどにも対応できるライティング能力を伸ばすレッスンも行なうことが可能です。英会話とライティングは英語を学ぶ上で切り離せないものです。言っていることはわかっても、書けないのではメールを作成したりする会社のビジネス文書では役に立ちません。そのためライティングは仕事・学問でも重要です。ライティングやリスニングのどちらか片方ではなく、英語の学習は両方のバランスを取って行なうのが好ましいでしょう。総合的に学ぶことの出来るレッスンをできる教室や塾、オンライン英会話などを探して、効率的に勉強が可能な環境を整えましょう。グローバルな人間を作るにはそうした環境が必要になります。

Copyright© 2016 英会話でバイリンガルに育ててグローバル社会でもデキる子に All Rights Reserved.